パターン別!売上を伸ばすライブコマース導入完全ガイド

認知度が上がってきたライブコマースですが、どのように始めたら良いのかわからない企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はライブコマースの始め方をパターン別に解説したいと思います。

自社サイト vs プラットフォーム

法人がライブコマースを始める方法は大きく分けて「自社サイトで配信」と「プラットフォーム(アプリ)で配信」の2つです。それぞれにメリットとデメリットがあります。

prosandcons

自社サイトで実施する場合のメリット

自社サイトでライブコマースを実施する場合の最大のメリットは、自社サイトの利用促進に繋がるということです。自社サイトでライブコマースを通じたコミュニケーションを行うことでお客様のロイヤリティを高めることも可能です。また、自社サイトの方が自社商品・ブランドの世界観を伝えやすいというメリットもあります。

自社サイトで実施する場合の検討すべき点

ライブコマースはユーザーが閲覧して初めて成立します。したがってある程度、自社サイトにお客様を集客できることが必須条件となります。メールマガジンやLINE@などが一般的な集客方法です。

また、自社サイトでライブコマースを実施する場合は撮影を行う人手が必要です。もちろん、撮影・出演は外部委託することも可能ですが、可能な限り自社で配信する方が良いでしょう。完璧ではなくても思いが伝わるコンテンツを配信することが重要です。当社では、ライブコマース撮影を支援するプランも用意しています。

プラットフォーム(アプリ)で実施する場合のメリット

プラットフォームで実施する最大のメリットは、新たなお客様を開拓できる点です。また、集客はプラットフォーム側が行うため、自身で行う必要がないこともメリットです。

プラットフォーム(アプリ)で実施する場合の検討すべき点

ライブコマースは、他の販促手法と比べると、ユーザーとのマッチングが非常に厳しい販促手法です。何が言いたいかというと、貴社の商品に興味のないユーザーは動画を見ても買わないのです。したがって、そのプラットフォームにいるユーザーが貴社の商品に興味があるユーザーなのかは非常に重要です。単にユーザー数が多いからといって、売れるほどライブコマースは甘くありません。

自社サイトで配信する場合の始め方

Step1: SaaSの選定

どのSaaS(配信ツール)を採用するか決める必要があります。費用や実績・機能などを考慮した上で選定しましょう。

Step2: 実装

自社サイトにシステムを組み込むための実装を行います。SaaS企業に実装方法を確認しましょう。

Step3: 配信準備
SaaS企業によってサポート範囲が異なります。サポート範囲によって貴社が必要な準備が変わりますが、一般的には下記のような準備が必要です。

  • 撮影場所の決:定撮影場所を決定します。スタジオや店舗などどこから配信したいか考えましょう
  • 出演者の決定:配信者も重要なファクターです。商品の魅力を伝えられる出演者を選定しましょう
  • 内容の決定 :商品に興味を持ってもらえる楽しいコンテンツを考えましょう
  • 機材の準備 :必要な機材はSaaSによって異なります。利用するSaaS企業に相談しながら準備を進めましょう

Step4:撮影・配信

準備が整ったら配信を実施します。楽しく商品の魅力を伝えるとよいでしょう

プラットフォーム(アプリ)で配信する場合の始め方

Step1: プラットフォームの選定

どのプラットフォームの選定(アプリ)を採用するかを決めます。選定基準は費用と集客力です。

費用に関して、プラットフォームの多くはマージン制です。どの程度の販売手数料率かを確認しましょう。

また、プラットフォームで配信する場合、集客はプラットフォームに依存します。したがって、プラットフォームを選定する際はプラットフォームのユーザーの質と量が重要です。

LiveShop!・メルカリ・SHOPROOMがプラットフォーム(アプリ)でライブコマースを実施する際の主な候補になります。

Step2: 配信準備
ライブコマース・プラットフォーム(アプリ)によってサポート範囲が大きく異なります。サポート範囲によって必要な準備が変わりますが、一般的には下記のような準備が必要です。

  • 撮影場所の決:定撮影場所を決定します。スタジオや店舗などどこから配信したいか考えましょう
  • 出演者の決定:配信者も重要なファクターです。商品の魅力を伝えられる出演者を選定しましょう
  • 内容の決定 :商品に興味を持ってもらえる楽しいコンテンツを考えましょう
  • 機材の準備 :必要な機材はSaaSによって異なります。利用するSaaS企業に相談しながら準備を進めましょう

Step3:撮影・配信

準備が整ったら配信を実施します。楽しく商品の魅力を伝えるとよいでしょう

ライブコマースを成功させるコツ

ライブコマースにて成功する為には他のマーケティング手法とは違ったアプローチが必要です。

まず、視聴者と商品の親和性が重要です。商品に興味がある人がライブを視聴しなければ購買に繋がりません。売上という成果を目指すのであれば、商品を既に認知し好意的な消費者に動画を見せる必要があります。

次に、視聴者に”思い”を伝えることが重要です。非論理的な部分ですが”思い”が伝わるかは非常に重要です。販売者側の思いが伝わるコンテンツは、売上に繋がる傾向にあります。

最後に、トライアンドエラーを繰り返すことが重要です。ライブコマースは一度配信すれば簡単に売れるようなものではありません。失敗しても諦めずトライアンドエラーを繰り返してPDCAサイクルを回して行くことが重要になります。

PR:ライブコマースのことなら「Moffly」。ライブコマースのノウハウをお伝えしています。

株式会社Mofflyの提供する「TAGsAPI」は自社ECにライブコマース機能を導入できるAPIです。数行のコードをHTMLに書き加えるだけでライブコマース機能を実装できます。

api_lp_03

お問い合わせはこちらから